AIライティングに負けないオリジナリティのある記事を作る方法

ChatGPTやnotion AIを筆頭に、AIライティングツールが多く登場してきました。

人間が書いた文章と大差のない精度の文章を作成することができ、コンテンツSEOに携わる者の中では大きな話題となっています。

AIライティングがより高度に発展していく世界では、人間が記事を書く必要がなくなるのではないかとも言われていますよね。

この記事では、AIライティングが高度に発展した世界で記事作成をする際には、何が重要になっていくのかの意見を述べさせていただきます。

目次

AIライティングの存在する世界で記事を作成する際に重要なこと

結論、AIライティングがある世界では、記事のオリジナリティが最重要になると考えています。

コンテンツSEOに携わってきた方であれば、ずっと昔からオリジナリティや独自性ということは言われ続けてきたので今更感もあるかとは思いますが、今後はより一層その重要性が増すはずです。

なぜなら、AIライティングによって正しい情報は誰でも簡単に書くことができるようになるからです。

SEOおたく

むしろ、誰でも簡単に書ける正しい情報であれば、あえてインターネットで検索をしなくてもAIに聞けば即時に解決する世界が待っているでしょう。

実際にNotion AIに「SEO対策とは」と聞いた時に下記の画像のような回答が3~5秒程度で返ってきました。

Notion AI「SEO対策とは」回答
Notion AIに「SEO対策とは」と聞いた時の回答

また、ChatGPTを使って試しにメルマガも書いてみましたが、いつもだったら30分はかかるライティングが5分で終わりました。

AIライティングのスピード感と精度は、驚くレベルまで発展してきています。

よりAIライティングが発展していけば、人々があえて検索をして情報を探す際の期待値としては「そこでしか手に入らない情報」になっていくはずです。

SEOおたく

だからこそ、オリジナリティのない記事であれば、ユーザーに好まれないのはもちろん、SEO的にも今後のアルゴリズムでより評価を落とされると考えます。

実際にGoogleは、オリジナリティが重要視されるプロダクトレビューアップデートヘルプフルコンテンツアップデートを近年行い、検索品質評価ガイドラインには「実際に体験した情報」を重視すると宣言しているE-E-A-Tと呼ばれる新たな指標が組み込まれました。

ここからは、実際にオリジナリティや独自性を高めるためにどのようにすべきかをご紹介します。

※無料サービス資料:「AI時代のSEO – オリジナリティのある記事を作成する方法」をダウンロードする>>こちらから

オリジナリティや独自性を出すためにやるべきこと

SEO観点(≒ 検索エンジン観点)で捉えると、オリジナリティや独自性は次のように考えられます。

  • そのサイト(ページ)でしか、手に入らない情報
  • そのサイト(ページ)が、もっとも最初に提供した情報

要は、Googleのインデックスサーバーに存在しない情報こそがオリジナルな情報であるという考え方です。

AIライティングの台頭
AIライティングの台頭

ただ、オリジナルな情報は色々な方々に参照されていくため、一度オリジナルな情報が出た後にはインデックスサーバーにはどんどん類似の情報が追加されていきます。

だからこそ、「どのサイトから一番はじめに提供された情報なのか(≒情報の起源)」も考慮されているでしょう。

コンテンツSEOに取り組んでいる方であれば肌感覚をお持ちかもしれませんが、最新の情報をいち早く記事化してGoogleにインデックスさせると、その後大手メディアなどが後発で記事を書いてきても一定期間は上位表示し続けることができたりします。

これは、検索エンジンがオリジナル判定をしているからではないかと予想しています。

では、オリジナルで独自性のある情報をどのように提供していくべきかですが、次の3つを情報ソースにすると良いです。

それぞれ簡単にご紹介します。

社内データベース

社内データベースには、社内からしかアクセスできないはずです。

もちろん社外に出せない情報が満載だとは思いますが、SEO施策として社外に出せる情報もいくつか存在するはずです。

  • サービスやプロダクトの実際のユーザーの声
  • 利用者属性の統計データ
  • 過去の利用データ

情報をそのまま出すことは情報セキュリティやプライバシーの観点で難しいかもしれませんが、加工することで外に出すことができるデータもあるでしょう。

データベース型サイトでは、下記のようなサブコンテンツの形で社内データを外に出すことも多いです。

インスタベースさんのサブコンテンツ
インスタベースさんのサブコンテンツ

ちなみに、サブコンテンツは海外のサイトも非常に力を入れているので参考になります。たとえば、英語圏の不動産領域でSEOに強いrealtorなども素敵な形でサブコンテンツを出しています。

realtorのサブコンテンツ
realtorのサブコンテンツ

記事コンテンツを作成する際に、ファクトや参考になるデータが社内に転がっていないかを一度確認してみて、可能であれば記事に挿入していけるとオリジナリティのあるコンテンツが作れるかと思います。

ChatGPT等のAIも会社内に存在するオリジナル情報にはアクセスすることができないため、他社には出せない価値ある情報になるはずです。

書籍やYouTube動画の中

書籍やYouTubeの中身は、基本的にはインデックスされていません。

もちろんインデックスされていない理由として、それらをインデックスさせるのが法的にNGだからという観点もあります。ですので、書籍やYouTubeの内容を直接的に無断でご自身のコンテンツに利用することは問題です。

ただ、書籍やYouTubeから学んだ内容を踏まえてコンテンツ作成に活かしたり、掲載許可を得た上で一部のコンテンツをコンテンツ内に情報として利用させてもらうのは問題がないでしょう。

SEOライティングのベストプラクティス的に、検索結果に上位表示されている記事に書かれている情報の最大公約数のような記事が量産されるようになり、コストパフォーマンスを考えてしまうと、書籍やYouTubeまでを調査対象に入れてコンテンツ制作をするのは気が重い方も多いかと思います。

しかし、AIライティングが発展した世界においては最大公約数的なコンテンツであれば、秒速でAIが作成できてしまいます。

人間の私たちがやるべきことは、AIには担保できないレベルで面倒臭いことを愚直にやり切ることでしょう

LANYでも、自社メディアの記事を作成する際に書籍からの情報を入れるように工夫してきました。

具体的には次のようなフローで行います。

  1. メディアのテーマと関連する書籍を大量に購入する
  2. 実際の書籍やAmazoのレビューなどにザッと目を通し、どの書籍に、どんな内容が書かれているのかを把握する
  3. 関連する書籍を参考にしながら記事を書く

書籍は購入コストと読むコストがかかりますが、インターネットでは手に入らないような深くて独自性のある内容を見つけることが可能です。

書籍は独自性のある内容を見つけることが可能

書籍やYouTubeも積極的に活用して、オリジナリティの高いコンテンツを作っていきましょう。

人々の経験や体験

結論、インターネットに載っている情報を調べて書くのではなく、自分の脳内をググっていきましょうという話です。

E-A-TがE-E-A-Tに変わり、経験が重要視されるようになりました。

人々が経験した一次情報は非常に価値ある情報であり、多くの人々にとって参考になる情報でしょう。

経験や体験を記事に入れていくためには、ライティングする方にその経験や体験があることが大前提として必要です

AIライティングで正しい文章を早く綺麗に書くことが簡単にできるようになっていくからこそ、ライターに求められるのはその人にしか書けない経験や体験があることになるのではないでしょうか。

このブログでも、実際の事例を多く入れられるように工夫しています。

LANYのコンテンツマーケティング成功事例

コンテンツSEOにおいても、貴重な経験や体験を持っている人が、より一層重宝されていくでしょう。

LANYのSEOコンサルティングの内容や事例をより詳しく知りたい方へ

SEOおたく

デジタルマーケティング全体で成果に向き合ってくれる
信頼出来るパートナー」など、
おかげさまでご好評いただいております!
クライアント様の改善実績をぜひご覧ください!

>>実績はこちら

まとめ

AIライティングの発展によって、オリジナリティや独自性がより重要になっていくことを書きました。

オリジナリティや独自性を出すためには、次の3つを情報ソースとすることが重要です。

  • 社内データベース
  • 書籍やYouTube動画の中
  • 人々の経験や体験

今後は、よりコンテンツの中でSEO的にもユーザー的にも重要になっていくのが「オリジナルの情報」となっていくでしょう。

AIライティングが発展する中でもSEOで戦っていこうとしている我々のような方々は、ぜひ一緒にオリジナリティや独自性を出せるように今のうちから舵を切っていきましょう。

ebook

【無料お役立ち資料】
AI時代のSEO
オリジナリティのある記事を作成する方法

  • 昨今のGoogleアルゴリズムの潮流
  • オリジナリティのある記事作成の方法
  • LANYの事例

\SEO担当者のあなたへ/

無料のSEOメールマガジン

週に2回SEOのお役立ち情報をお届けする購読者数2,400人超えの人気メルマガです

  • SEO最新情報をキャッチアップできる
  • SEO成功事例や限定Tipsが届く
  • 限定ウェビナーの情報がいち早く届く

SEO初心者・企業のSEO担当者の方まで役立つ内容のためぜひご登録ください!

* は入力必須項目です。

この記事の執筆者

竹内渓太のアバター
竹内渓太 SEOコンサルタント

株式会社LANYの代表。株式会社リクルートホールディングスにデジタルマーケティング職で新卒入社。3年間デジタルマーケティングに従事。その後、株式会社LANYを創業。大規模サイトのSEOが得意。

目次