SEOライティングとは?基本の書き方とSEOに効果的な7つのポイント

Googleをはじめとする検索エンジンで上位表示できる記事を作成したいものの、何を意識してライティングをすれば良いのかわからない人も多いかと思います。

上位表示を目指す記事作成には、SEOライティングが欠かすことができません。

もちろん、読者のためになる記事を書いた結果として上位表示されるのが理想ではありますが、SEO的観点でいくつかポイントを押さえておかないと思うように結果を出すことは難しいでしょう。

この記事ではSEOライティングで意識すべきポイントと書き方の手順を詳しく解説します。

SEOライティングは記事に向き合うSEOであり、オンページSEOに近しいものです。SEOの基礎を掴むためにも確実に押さえておきたいスキルになるので、ぜひこの記事で体系的に学習していってください。

目次

【初心者向け】SEOライティングとは?

SEOライティングとは、Googleなどの検索エンジン上で上位表示させるためのライティング手法です。

基本的にどんなキーワードで集客したいのかの対策キーワードを決め、その対策キーワードで上位表示させるためにライティングをします。

「SEOライティングは読者のためにならないのでよくない」と言われることもありますが、読者のためになっていない記事であれば基本的に上位表示していないのでお門違いの指摘です。

SEOライティングの本質は、ユーザーの検索意図を適切に満たすことにあります。

もちろんSEOハック的な要素も一定存在しますが、基本的にはどれだけ検索意図を深く理解して、その検索意図を適切に満たしてあげられるかどうかが鍵です。

テクニック的な部分も解説はするものの、本質的には「検索意図を満たすこと」を意識してライティングができることを目指しましょう。

検索意図を満たすためには、下記の2つのプロセスを精度高く実施する必要があります。

  • そのキーワードで検索する人はどんな意図があるのかの推測
  • その検索意図を満たしてあげるためにはどのような内容が良いのかの判断

SEOライティングは、ライティングと呼ばれているものの「記事を書く前の検索意図の推定や構成設計」の部分で成功の8割程度が決まると言っても過言ではなく、リサーチ力などがものをいってくる世界です。

文章がうまいことはもちろんアドバンテージになりますが、どちらかといえば検索キーワードに対して検索意図をどれだけ深いところまで推定できるかが重要なスキルになると理解してください。

なぜSEOライティングが重要なのか?

SEOライティングの基礎を身につけていないと、対策キーワードで上位表示させられる確率が低くなります。

もちろん本質は検索意図を満たすことなので、運よく上位表示できることもあるかと思いますが、SEOをアートからサイエンスにするには、ある程度何を意識してライティングをすべきかを押さえておく必要があるでしょう。

もちろんSNSやリスティング広告などの他チャネル経由で流入を稼ぐための記事もあるので、すべての記事でSEOライティングが必要なわけではありません。

しかし、適切なキーワードにてSEO流入が稼げれば、リスティング広告のように費用はかかりませんし、SNSのように日々の運用も不要になり、事業的に大きな資産になります。

まぐれで上位表示を取るのではなく、適切に狙ってアクセスを稼げるようにしていくためにSEOライティングが必要不可欠なのです。

ある程度のポイントやコツを押さえている方も、今一度基礎的な部分からSEOライティングの全体像を押さえていっていただけると嬉しいです。

SEOライティングの基本的なやり方

SEOライティングの基本的な手順は以下のとおりです。

  1. 対策キーワードの選定
  2. ユーザーの検索意図の推定
  3. タイトルの設定
  4. 構成の作成
  5. 構成に沿って執筆

それぞれ詳しく解説します。

1. 対策キーワードを選定する

SEOライティングでは、何よりも先に「どのキーワードでアクセスを稼ぎたいのか」を定めます。

そのキーワードを対策キーワードと呼びますが、対策キーワードが決まっていなければ、どのようにライティングをすべきが定まりません。

各種SEOツールを用いて、自社のWebサイトの目的を達成するために必要なキーワードを選定しましょう。

キーワード選定の方法は何通りもありますが、基本的な考え方は「コンバージョンが最大化されるキーワード」になります。

アフィリエイトサイトであれば、サイトの目的は「成約数」でしょうし、何かのサービスを提供している企業のサイトであれば「お問い合わせ」や「資料請求」がコンバージョンとなります。

それらのコンバージョンにつながるキーワードで、大量のアクセスを稼げるキーワードを選ぶというのが基本的には重要です。

しかし、もちろん競合サイトも存在するため、多くのサイトがそのようなお宝キーワードに対しては多大なるリソースをかけて対策してきています。

よって競合性が高すぎるキーワードでは、あまりドメインが育っていないサイトでどれだけSEOライティングを頑張っても上位表示することは困難でしょう。

コンバージョンしやすそうなキーワードの中で、検索ボリュームが一定以上存在し、競合性も高すぎずに自社サイトでも上位表示を狙えるキーワードを見つけていくのが非常に重要です。

検索ボリュームの調べ方は、下記の記事にまとめてありますので、初心者の方はぜひ一度目を通してみてください。

あわせて読みたい
検索ボリュームの調べ方とキーワード選定への活用方法を徹底解説
検索ボリュームの調べ方とキーワード選定への活用方法を徹底解説SEO対策をする上で、検索ボリュームの調査は欠かすことのできないタスクです。検索ボリュームを意識できているか否かで、SEOの成果は大きく変わってきます。そこで、こ...

とはいえ、初心者の方は具体的にどのようなキーワードを選定すべきかの感覚をまだお持ちではないかと思います。

その場合には、下記の記事で解説している「ロングテールキーワード」を選定することをおすすめします。ロングテールキーワードは、弱ドメイン(立ち上げたばかりのサイトや個人ブログなど)が取るべきSEO戦略No.1だと思っています。

あわせて読みたい
【ロングテールキーワード戦略】キーワードの見つけ方やSEO対策方法も解説
【ロングテールキーワード戦略】キーワードの見つけ方やSEO対策方法も解説SEO対策をする上で、キーワード選定は欠かすことのできないタスクです。キーワード選定によって、SEOの結果が決まると言っても過言ではありません。キーワード選定の手...

紹介した記事等も参考にしながら、ぜひ適切なキーワードを見つけていってください。

2. ユーザーの検索意図を推定する

対策キーワードを選定したら、ユーザーの検索意図を推定しましょう。

ご自身の検索行動体験を考えてみればわかるかと思いますが、何か知りたいことがあったときにその知りたいことがヒットするようにキーワードを調整してGoogleなどで検索していると思います。

たとえば、「転職サイト おすすめ」と検索した方であれば、これから転職しようと考えていて、世の中的におすすめの転職サイトがどれなのかを知りたいと考えられるでしょう。

その検索意図をきちんと丁寧に推定してあげなければ、全くお門違いなコンテンツになってしまい、ユーザーもすぐにページを離脱してしまいます。

そのようなユーザー体験を与えてしまってはSEO的にもマイナス評価になってしまいますし、そもそもWebサイトの目的であるコンバージョンまで到達してもらうことは難しいです。

検索意図を調べるには、サジェストキーワードや再検索キーワード、共起語などを参考にしましょう。

ラッコキーワードなどのSEOツールを使えば、対策キーワードに対する上記の関連キーワードを洗い出すことが可能です。

ラッコキーワードの画面

上記のようにキーワードベースで検索意図を調査し、検索者の顕在ニーズや潜在ニーズを洗い出すことは重要です。

また、検索結果で上位表示されているページ群は、検索エンジンが「そのキーワードに対して、最も適切である」と判断したページになっているため、それらのページ内容を参考にすることも大切です。

ユーザーの悩みやその解決策を明確化することで、タイトルや記事の構成がつくりやすくなるはずです。

結果としてページのクオリティが高まり、SEO評価の向上につながるでしょう。

ユーザーのニーズを満たせれば、Webサイトへの滞在時間が増えるなどの効果も期待できます。

検索意図については下記の記事が非常に参考になるので、ぜひ合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
CV数6倍!SEO記事の検索意図を深海レベルで深掘って高品質な記事を作る方法
CV数6倍!SEO記事の検索意図を深海レベルで深掘って高品質な記事を作る方法この記事は、LANY Advent Calendar 2日目の記事です。SEO、勝ちたいですよね。でもそう簡単に勝てないですよね。「勝つためには高品質な記事を書け」と一度は耳にしたこ...

3. タイトルを設定する

検索エンジンはタイトルからもページの内容を判断するため、タイトルの書き方は重要です。

以下のポイントに注意を払いましょう。

  • キーワードを含める
  • 30字前後にする
  • 一目で記事の内容を判断できる
  • 読者の悩みを解決する記事だとわかる

昔ほどはタイトルにキーワードが含まれているかどうかは重要ではなくなってきましたが、基本的には対策キーワードは含めた方が良いです。

なぜなら、検索した方が検索結果を見たときに、自分の検索したキーワードが含まれていなければ、関連性がないとみなしてクリックしてくれず、クリック率が下がる可能性があるためです。

CTRが改善する具体的なタイトルの設定方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【検索順位とクリック率の関係】GoogleサーチコンソールでCTRの課題を特定し改善する具体的方法
【検索順位とクリック率の関係】GoogleサーチコンソールでCTRの課題を特定し改善する具体的方法検索順位を1位上昇させるのは至難の技です。しかし、クリック率(CTR)を3%改善するのはそこまで難しくはありません。多くのサイト運営者が、「順位を上げること」に悪...

4. 構成(見出し)を作成する

見出し構成はSEOライティングで非常に重要です。

見出しだけを見て、大まかな内容が掴める状態であったり、適切な流れや階層構造で文章が組み立てられている点は、ユーザー体験にも大きな影響を及ぼします。

見出しを作る際には、「重要度の高い関連キーワードを含める」ことを意識しましょう。

一つの検索キーワードの中にも、複数の検索意図が存在するため、多くの検索意図を適切に満たしてあげられるだけの段落が必要ですし、どこに検索意図に対するアンサーが載っているのかがすぐにわかる状態にしておくことも大切です。

構成の作成は慣れるまではなかなかうまく進まないかと思いますが、上位表示されている記事などの構成を参考にしながら少しずつ感覚を養っていけると良いかと思いました。

5. 構成に沿って書き進める

設定した見出し構成に沿って、本文を書き進めます。

本文を書く際は、見出しの主張と内容にズレが生じないよう注意します。

見出しと内容にズレがあると、読み手は不快感を覚えてしまうでしょう。

また、対策キーワードや関連キーワードは見出しやメタディスクリプションだけではなく、本文中にも分散させつつ含めることが重要です。

後は、論理的な文章が書けるように「結論ファースト」を意識したり、「PREP法」と呼ばれる書き方を意識するなど、文章術を勉強してみてください。

SEOライティングで意識したい7つのポイント

SEOライティングで意識したいポイントは以下の7点です。

  1. メタディスクリプションの設定
  2. 適切なパーマリンクの設定
  3. 独自性のある情報の提供
  4. E-A-Tの意識
  5. オリジナル画像の挿入
  6. 内部リンクの設定
  7. 強調スニペットの対策

それぞれ詳しく解説します。

1. メタディスクリプションを設定する

メタディスクリプションは、検索結果に表示されるページ要約文のことです。

メタディスクリプションにはいくつかポイントがあるので、おさえておきましょう。

  • キーワードを含める
  • 100字程度を目安にする

検索者は、検索結果上でタイトルとメタディスクリプションを見て、どの検索結果をクリックするのかを判断します。

そのため、この要約文が不適切なものであり、検索意図を満たせないと判断されてしまっては、クリックされないでしょう。

クリックされないことで順位ごとに想定されるクリック率よりも悪くなってしまうため、検索順位の下落などにもつながることがあります。

基本的には、対策キーワードを含めてあげつつ、ページ内容を簡潔に表した要約文を作成してあげてください。

2. 適切なパーマリンクを設定する

パーマリンクはできるだけシンプルに短く設定しつつ、意味がとおるようにしましょう。

Googleが「シンプルなURL構造を維持する」の中で「過度に複雑なURLは、サイト上の同じまたは同様のコンテンツを表す多数のURLを不必要に作成し、クロールの際に問題が生じることがあります」といっているように、パーマリンクが複雑だとページがインデックスされないリスクがあります。

また「URLにはアンダースコア_ではなくハイフン-を使用することをおすすめ」と明示していることから、区切る場合はアンダーバーではなくハイフンを使いましょう。

例えば「about_seo」よりも「about-seo」のほうが適切なパーマリンクです。

英語圏のSEOでは、パーマリンクに対策キーワードを含めることも重要とされていますが、日本でそれをやってしまうとリンクが日本語になってしまいます。

日本語URLは検索エンジンが内容を読み解きづらくなってしまいますので、基本的にはアルファベット表記をしてあげることを推奨します。

3. 独自性のある情報を含める

オリジナリティのあるコンテンツはGoogleに評価されやすいため、重視すべきポイントです。

このことは、Googleウェブマスター向け公式ブログ「日本語検索の品質向上にむけて」に明示されています。

オリジナリティの溢れるコンテンツが上位表示されやすくなるので、他の記事をコピペするような内容は避けるべきです。

一方で、独自性が強すぎるとユーザーの検索意図とズレてしまう可能性があり、離脱率が高くなる恐れもあります。

そのため、上位の記事を踏襲しつつオリジナリティを出すことが重要です。

コピペの一致率を下げることもオリジナリティを高める1つの対策になります。

また、文章にオリジナリティを出すだけではなく、画像をオリジナルのものにすることもSEO対策としては有効です。

4. E-A-Tを意識する

昨今のGoogleの検索アルゴリズムで重要視されているのが「E-A-T」と呼ばれる項目です。

検索順位に直接影響を及ぼすわけではありませんが、SEO対策として注意を払うべき要素になっています。

E-A-Tとは下記のことを表します。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

専門性を意識する場合は、Webサイトの専門性を高めることが重要です。

権威性をアピールしたいときは、記事に監修者や著者名、資格名を記載することなどが重要になります。

サイテーションの獲得も、権威性を高める効果が期待できます。

信頼性は、Webサイトの信憑性を高めることで担保されるので、会社の住所や電話番号などの記載、公的機関のサイトからの引用などが効果的です。

5. オリジナル画像を入れる

画像を記事内に挿入することで、文章が視覚的に読みやすくなります。

文章だらけだと見づらくなりますが、画像があればページの滞在時間が長くなりやすいです。

また、検索エンジンは画像をSEO評価の参考にしていることもあり、そのような意味でも画像は挿入したほうが好ましいでしょう。

できるだけオリジナルの画像を使うとページの独自性が高まり、SEO評価の向上が期待できます。

また、画像のサイズが大きいとページの読み込みスピードが下がり、ユーザビリティが下がる可能性があるので圧縮して挿入します。

圧縮は、「TinyPNG」などのサイトが便利です。

画像をアップロードしてファイルサイズを縮小できます。

あわせて、Alt属性を入れるようにすれば検索エンジンに画像の情報を適切に伝えることにつながるので効果的です。

Alt属性は画像が表示されない場合の代替テキストとしても機能します。

6. 内部リンクを設定する

内部リンクを設置することで、ユーザーと検索エンジンの両者に関連度を伝えることができます。

内部リンクはSEOではかなり重要で、本記事内で解説できるボリュームではないため割愛しますが、基本的にはリンクジュースの分配を意識してつなぎ合うことが重要です。

特にサイト構造を意識している方は、内部リンクの貼り方で大きく成果が変わってきますので、適当に貼ってしまうのは避けるようにしましょう。

サイト構造の中でも昨今SEO的に良いとされている「トピッククラスターモデル」については下記の記事で解説されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【トピッククラスターモデルの教科書】SEO的メリットと作り方を徹底解説!
【トピッククラスターモデルの教科書】SEO的メリットと作り方を徹底解説!SEOに携わっていると、トピッククラスターモデルという言葉をよく耳にするのではないでしょうか?サイト構造を整えるための手法の一つで、2017年あたりから少しずつ世の...

7. 強調スニペットを対策する

強調スニペットとは、検索結果のタイトル上部に表示されるページの要約を指します。

例えば「マンション購入 東京 相場」と検索すると、以下のように強調スニペットが表示されました。

表示されると、ユーザーの目につき、記事がクリックされやすくなるくので対策したい要素です。

強調スニペットはリストや表としても表示されることがあります。

それにあわせて自分のWebサイトにリストや表を作成し、最適化することも重要です。

そのため、すぐに対策できるよう強調スニペットの表示の有無は定期的にチェックすることをおすすめします。

また、強調スニペットが表示されているキーワードから逆算して最適なページをつくり、表示を狙うのも効果的でしょう。

強調スニペットを表示できれば、上位表示を維持しやすくなる傾向にあるため力を入れたい要素です。

SEOライティングにおける注意点

SEOライティングは意識すれば実行しやすいですが、同時に注意すべきポイントがいくつかあります。

  • 冗長な文章はNG
  • 誤字脱字に注意
  • コピペは厳禁

それぞれ詳しく解説します。

冗長な文章はNG

文章量と検索順位には相関関係があります。

あわせて読みたい
【文字数と検索順位の関係】SEOの都市伝説を海外の分析データを踏まえてロジカルに解説
【文字数と検索順位の関係】SEOの都市伝説を海外の分析データを踏まえてロジカルに解説コンテンツSEOをしていると、記事の文字数には頻繁に悩まされます。文字数と検索順位の関係はあるのかないのか、その正解はわからないため、世の中には2つの流派が存在...

しかし、不自然に長文を作るとユーザビリティを下げることにつながります。

ページからの離脱率が高くなるため、結論ファーストで端的に説明するよう心がけましょう。

冗長な表現を省略したり削ったりして、なるべく短い文章をつくります。

例えば「相談することができる」を「相談できる」に短縮するなど、端的な表現を使いましょう。

また、1つの見出しには1つの主張しか入れないことが基本です。

誤字脱字に注意

誤字脱字は、ユーザーに読みづらさを感じさせてしまいます。

ユーザーに不快感を与えるだけではなく、SEO評価されない可能性も生じるので注意が必要。

Googleが「検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド」にも記載しているように、以下のような項目は避けるべきです。

  • 綴りや文法の間違いが多い、いい加減なテキストを記述する
  • 文章が下手なコンテンツを提供する

そのため、誤字脱字のチェックは重視しましょう。

コピペは厳禁

コピペは手動ペナルティの対象になる可能性があり、サイト全体の評価が下がってしまうリスクをもちます。

独自性のあるコンテンツが評価されやすいことからも、コピペは逆効果です。

コピペは著作権侵害に抵触する危険性もあります。

文化庁が「著作物が自由に使える場合」で説明しているように、引用する場合には出典を明記しなければなりません。

無意識にコピペ記事を作成している可能性もあるため、コピペしているかどうかのチェックが大切です。

無料でチェックできるツールもあるので、試してみてください。

まとめ

初心者向けに、SEOライティングの基本と効果的な7つのポイントを解説しました。

SEOライティングは以下のステップで行います。

  1. キーワードの選定
  2. ユーザーの検索意図の推定
  3. タイトルの設定
  4. 構成の作成
  5. 執筆

意識したい7つのポイントは以下のとおり。

  1. メタディスクリプションの設定
  2. パーマリンクの設定
  3. 独自性のある情報提供
  4. E-A-Tの意識
  5. 画像の挿入
  6. 内部リンクの設定
  7. 強調スニペットの対策

SEOライティングは検索上位を狙うには必須のテクニックなので、実践しながら覚えていくことが重要です。

この記事を書いた人

SEOおたくのアバター
SEOおたく SEOコンサルタント

LANYの代表。大規模HRサービスのインハウスSEOに4年間従事。100サイト以上のSEOコンサルティングを実践。大規模サイトのSEOが得意。

カテゴリから記事を探す

Advent Calendar 2021 SEO コラム
目次
閉じる