強調スニペットとは?検索結果上への出し方とLANY式リライト戦術

LANYインターン生の安藤です。

以前支援させて頂いていたコンサル案件の担当者様から「検索結果上で強調スニペットを出し、クリック率の上昇およびブランディングをしてほしい」と依頼を受けたことがあります。

その際に、数百本の強調スニペットを分析し共通項を吸い上げ、自分なりに仮説を立ててみて検証してわかったことやノウハウを解説していければと思います。

ぶっちゃけですが、強調スニペットは適切な構文・文字数・位置を意識すればかなりの確率で表示させられます。

どのくらいの高確率かというと、だいたい3割くらいを想像してください。野球で言うと首位打者取れるレベルですね笑

「3割という数字がいったいどのくらいのものなの?」と思っているでしょうが、僕のイメージでは結構高いと思っています。

というのも10記事で強調スニペット対策のリライトをして、そのうち3記事に強調スニペットが出たとしましょう。この時にクリック数は増える&企業のブランディングもできるので10本分のリライトに見合う費用対効果はあると思います。

本記事では、計数百本の強調スニペットを分析した私が下記を解説します。

この記事でわかること
  • 強調スニペットとは
  • 強調スニペットのメリット
  • 強調スニペットを出すポイント8選

表示させることができた暁には圧倒的に利があるのが強調スニペットです。

一見表示させるのは困難に感じるかもしれませんが、要点を抑えて対策することで表示確率を高められます。

目次

強調スニペットとは検索クエリのアンサーを検索結果の最上部に表示したボックス

強調スニペットとは「検索クエリに対するアンサーをGoogle側が信頼性のあるページから回答を抜粋し、検索結果の最上部に表示するボックス」です。

基本的には検索クエリに対するアンサーが表示される仕組みで、テキスト形式やリスト形式などいくつかの形式で検索結果上に表示されます。

強調スニペットとは
強調スニペットの例

また、googleのガイドラインには下記の様に記載されています。

強調スニペットは、ユーザーの探している情報が見つけやすくなると判断された場合に表示され、実際にリンクをクリックしたときの内容やページに関する説明を見ることができます。モバイルや音声で検索を行うユーザーに特に便利な機能です。

引用元:Google検索ヘルプ-Googleの強調スニペットの仕組み

「強調スニペットはユーザーの探している情報が見つけやすくなると判断された場合に表示され」と記載されています。

何が言いたいかというと「検索クエリごとで強調スニペットがでるか出ないか決まっているよ」ということです。

強調スニペットのメリット

強調スニペットのメリットはは「検索結果画面上において面が取れることによる流入数の増加すること」です。

強調スニペットが出現することで、より目立った形式で検索結果上に露出できるため、検索ユーザーのクリックを促せます。

実際に「強調スニペットとは」「強調スニペット間違い」という2つの検索クエリで検索してみたところ、前者の方には強調スニペットが表示されており、占有率の差は歴然の差です。

このように検索結果上で面を取れるのは、やはり強調スニペットのメリットです。

※無料お役立ち資料:「【完全版】SEO対策の教科書の動画投影スライド」をダウンロードする>>こちらから

強調スニペットの種類

強調スニペットの種類を解説します。

ひとえに強調スニペットとはいっても表示のされ方にいくつかのパターンがあるため対策方法が異なってきます。

それぞれ詳しく解説します。

種類①テキスト(画像付きの場合もあり)

1つ目は「テキスト形式での表示」です。

テキスト(画像付きの場合もあり)

テキスト形式は、Knowクエリ(「〇〇とは」系のクエリ)において頻出であり、対象記事をクリックすることで、記事内のどの部分が強調スニペットとして抜粋されているかを確認できます。

Knowクエリ

また、テキストタイプのものは画像とセットで表示されるケースもあります。

画像とセット

画像とセットで表示された場合には、より検索結果上で対象記事を目立たせられるため、クリック率の上昇が見込まれます。

種類②リスト形式(箇条書き)

2つ目は「リスト形式(箇条書き)」です。

「○○のやり方」などのDoクエリで順序リストとして表示されます。

リスト形式

また、「〇〇 一覧」等のKnow系のクエリにおいてもリスト形式で表示されるケースもあります。

Know系のクエリのリスト形式

種類③テーブル

テーブルタグでマークアップされた内容も強調スニペットとして抜粋されるケースがあります。

比較系のクエリやランキング形式のクエリなどで表示されるケースが多いとされています。

テーブル

今回の検索クエリ「日本 企業 売上 ランキング」という検索クエリに対しては、順位と会社名、売上高が記載抜粋される形で表示されています。

実際にページ内の表を見てみると「市場」「業種」「タグ」などの列も抜粋されていますが、今回の検索クエリでは抜粋されていません。

必要だと思われる情報のみを抜粋

表を全て強調スニペットとして抜粋するのではなく、検索したユーザーにとって必要だと思われる情報のみを抜粋していることがわかります。

種類④動画

動画も強調スニペットと表示されます。

基本的にはYoutubeの動画が採用され検索結果上に強調スニペットとして出現します。

動画

テキストコンテンツでは伝わりにくい検索クエリでは動画の強調スニペットが出現するケースが多いとされています。

実際に「回し蹴り」という検索クエリにおいてはWikipediaを抑えてYouTube動画が1位でした。

強調スニペットに表示させるためのポイント8選

続いて強調スニペットに表示させるためのポイント、コツ的な部分についてです。

数百本の強調スニペットを分析・厳正し、より効果が見込まれるもののみを紹介していきます。

ポイント①現状で2位~5位の記事を対象にする

大事なのは、ある程度順位が高い記事を対象記事にすることです。

大前提として強調スニペットは1位記事にしか出現しません。(以前は強調スニペットは0位扱いだったのですが、現在は違います)

現時点での記事順位が2位〜5位で、かつ1位を狙える可能性が高い記事を対象記事にすると良いでしょう。

1位記事のドメインも強く、コンテンツもしっかりと設計された記事が検索結果上にある場合には、そもそも1位記事になる可能性が低いため勝負は避けた方が懸命です。

また、施策を打つ際は1位になるための施策+強調スニペット対策の両輪を走らせるのがもっとも有効であると考えています。

強調スニペット対策自体が、下記の効果をもたらす可能性があり、一定SEO順位の上昇に寄与する可能性が高いです。

  • わずかながらではあるが文字数が増える
  • 関連KWが含有されるためページと検索クエリのテーマ性があがる
  • Googleがより注視している見出しにアンサーを入れることでコンテンツとして評価されやすい

ただし昨今のアルゴリズム上、記事の順位を上げる難易度は上がっています。よって、1位施策を強調スニペット施策の両輪で対策するのがおすすめです。

ポイント②強調スニペットが出る検索クエリかを見極める

強調スニペットは、すべての検索クエリで表示されるわけではないので注意が必要です。

検索クエリは大きく分けると4つに分類されますが、それぞれによって強調スニペットとしての表示されやすさが異なります。

検索クエリ種類表示のされやすさ
Knowクエリ
Doクエリ
Buyクエリ
Goクエリ

とくにKnowクエリ(〇〇とは)では、ユーザーの顕在ニーズとして「〇〇について知りたい」があるため、これをいち早く満たせるため、強調スニペットとして表示されやすいとされています。

ただしKnowクエリであっても、強調スニペットとして表示されない検索クエリもあるので、都度SERPs(検索結果上)で確認しましょう。

ポイント③キーワードをhタグ(見出し)に追加する

SEOで狙うキーワードを見出しに追加することも重要です。

「強調スニペット」というキーワードを例に上げて解説します。

NG例とOK例は下記です。

  • <H2>スニペットとは</H2>
  • <H2>強調スニペットとは</H2>

OK例のように「強調スニペット」というキーワードをしっかりと含んだ見出しを作成しましょう。

また、キーワードを追加した見出しはなるべく上位に追加することが重要です。

ユーザーの検索意図をいち早く満たす意味だけでなく、Googleにも「この見出しは重要なんだよ!」と伝える意味でも大事です。

ポイント④検索クエリに対するアンサーを簡潔に記載する

検索クエリに対するアンサーを簡潔に記載することも、強調スニペット対策では重要です。

「強調スニペットとは」という検索クエリを例に上げて解説します。

NG例は下記です。

<H2>そもそも強調スニペットとは・・・・・
それではここからは強調スニペットについて解説していきます。「強調スニペットの出し方がわからず悩んでいる・・」といった方に向けた内容となっています。

不要な文章や本題に入るまでの読者の悩み・ニーズを代弁する内容を盛り込んではいませんか?これは強調スニペットの出現を出す上ではあまりよろしくありません。

検索クエリに対するアンサーをバシッと回答したほうが良いでしょう。

<H2>強調スニペットとは?
強調スニペットとは、検索クエリに対するアンサーをgoogle側が信頼性のあるWebページから回答を抜粋し、検索結果の最上部に表示するボックスです。基本的には検索クエリに対するアンサーが表示される仕組みとなっており、テキスト形式やリスト形式などいくつかの形式で検索結果上に表示されます。(145文字)

不要な文章や読者への共感パートを省いて、検索クエリに対するアンサーを結論ファーストで記入します。

とくにKnowクエリの場合は「[キーワード]とは、〇〇のことです。」といった構文を用いましょう。

編集部

また、「こと」「もの」「その」「あれ」などの代名詞や指示語は具体的な用語に置きかえ、「私」「私たち」などの一人称をなるべく使わないようにしましょう

ただしあくまでこれは強調スニペットを出したい部分のみ、アンサーを簡潔に記載します。

それ以外の部分は、読者に悩みやニーズの寄り添うライティングをするため使い分けが大事です。

ポイント⑤文字数は120~150字(2〜3文)で可読性チューニングをする

文字数も非常に重要です。

実際に表示されているテキストタイプの強調スニペットを見てみると、120〜150字(2〜3文)の範囲で表示されていることがわかります。

画像とセット

また、文章をいかにきれいにまとめるか(LANYではこれを”可読性チューニング”と読んでいます)も大事になってきます。

無駄な副詞・助詞・格助詞はないか/主語と述語の結びつきは適切かなどが該当します。

検索クエリに対するアンサーを心がけながら無駄のないライティングを心がける必要があります。

ポイント⑥適切なhタグ直下にアンサーを配置する

強調スニペットコンテンツの配置する場所も重要な項目の1つです。

先程も例に出した「強調スニペットとは」という検索クエリを例に挙げます。

下記は本記事の構成です。

<H1>強調スニペットとは?検索結果上への出し方とLANY式リライト戦術
<H2>強調スニペットとは検索クエリのアンサーを検索結果の最上部に表示したボックス
 <H3>メリット①検索結果画面上での占有率が上がり流入数が増える
 <H3>メリット②ユーザーが得たい情報をいち早く入できる
 <H3>メリット③音声検索の回答結果としても利用される
<H2>強調スニペットの種類
 <H3>種類①テキスト(画像付きの場合もあり)
 <H3>種類②リスト形式(箇条書き)
 <H3>種類③テーブル
 <H3>種類④動画
<H2>強調スニペットに表示させるためのポイント8選
 <H3>ポイント①現状で2位~5位の記事を対象にする
 <H3>ポイント②強調スニペットが出る検索クエリかを見極める
 <H3>ポイント③キーワードをhタグ(見出し)に追加する
 <H3>ポイント④検索クエリに対するアンサーを簡潔に記載する
 <H3>ポイント⑤文字数は120~150字(2〜3文)で可読性チューニングをする
 <H3>ポイント⑥適切なhタグ直下にアンサーを配置する
 <H3>ポイント⑦画像もセットで挿入する
 <H3>ポイント⑧Googleのポリシーに準ずる
<H2>強調スニペットを逆手にとった順位アップのためのリライト戦術
 <H3>STEP1.ahrefsを用いて強調スニペットが出ている検索クエリを特定する
 <H3>STEP2.強調スニペットの内容と位置を確認する
 <H3>STEP3.自社記事にも同様に盛り込む
<H2>強調スニペットに関する注意点
 <H3>注意点①ゼロクリック検索が増える可能性がある
 <H3>注意点②誤情報によるレピュテーションリスクがある
<H2>まとめ:強調スニペットのメリットと表示するためのポイント

検索クエリが「強調スニペットとは」である以上、Google側は必ず「強調スニペットとは」に関する見出しから強調スニペット部分を抜粋しようと考えます。

よって、この見出し構成の場合、強調スニペットコンテンツの挿入場所の最適解は”<H2>強調スニペットとは?”です。

このh2タグの直下に強調スニペットとして出したいコンテンツを持ってくることで表示される確率が大幅に上がります。

この様にどの見出し部分に強調スニペット対策を行うのかが重要です。

検索クエリから仮説を立ててみる or 競合1位記事の強調スニペットの出現箇所を参考にしてみる対策がおすすめです。

編集部

最近は強調スニペットの情報量が以前よりも増えてきている印象があるため、見出し直下には「結論+結論の詳細」を意識してみましょう

ポイント⑦画像もセットで挿入する

画像の挿入+alt属性の付与は直接的に強調スニペット表示の助けにはなりません。しかし、テキストと一緒に画像付きで表示されるケースもあるため対策しておくのが無難です。

画像とセット

画像はフリー素材の画像ではなく、オリジナル画像を挿入しておくのがおすすめです。

ポイント⑧Googleのポリシーに準ずる

Googleでは強調スニペットに関するポリシーを下記の様に設定しています。

強調スニペットがすべてのユーザーにとって便利な機能となるよう、Google では Google 検索の全般的なポリシーや、次のような検索機能に関するポリシーに違反しているスニペットを表示しないようにするシステムを構築しています。

・危険なコンテンツ
・不正行為
・ハラスメント コンテンツ
・ヘイト コンテンツ
・操作されたメディア
・医療のコンテンツ
・露骨な性的描写を含むコンテンツ
・テロに関するコンテンツ
・暴力や残虐行為
・下品な言葉や冒とく的表現


引用元(一部抜粋):Google検索ヘルプ-Googleの強調スニペットの仕組み

暴力関連や卑猥な内容のコンテンツは強調スニペットとして表示されないようになっています。

「ポリシーを守ったから必ず強調スニペットが表示できる」わけではないですが、守っていないと表示されない仕組みのため注意が必要です。

強調スニペットを逆手にとった順位アップのためのリライト戦術

ここからが具体的な実践部分でお話です。

「競合1位記事に強調スニペットが出ているため流入が独占されて嫌だな。1ページ目にランクインしているんだけどな」

こんな場合は、弊社では競合の強調スニペット内容を特定・分析し、自身のコンテンツに盛り込むことでさらなる順位アップを狙います。

つまり、他社の強調スニペットの表示をポジティブに捉え、自社記事にも転用するのです。

具体的な流れとしては下記です。

このリライトを行うことで、下記のように順位アップの一助になる可能性が高いです。

  • わずかながらではあるが文字数が増える
  • 関連KWが含有されるためページと検索クエリのテーマ性があがる
  • Googleがより注視している見出しにアンサーを入れることでコンテンツとして評価されやすい

もちろんこの施策だけで順位を上げられるとは一概には言えませんが参考にしていただければと思います。

STEP1.ahrefsを用いて強調スニペットが出ている検索クエリを特定する

まずは、該当記事(自社で対策している検索クエリに競合の強調スニペットが出ている場合)の特定方法です。

検索クエリごとに手打ちで確認していくのもいいですが、ここではahrefsを使って一瞬で特定できる方法をお伝えします。

ahrefsを開き、自社ドメインを入力し「自然検索の中のオーガニックキーワード」を選択します。

ahrefs1
ahrefs画面

次に上部項目から「SERPフィーチャー」を選択し、全ての機能から「フィーチャースニペット」を選択します。

この機能で、強調スニペットが表示されている検索クエリをフィルタリングできます。

また、これだけだと膨大な数の検索クエリがヒットする場合があるため、対策したい記事の順位でフィルタリングをかけるのをおすすめします。

ahrefs
ahrefs画面

対策クエリの中から、競合が強調スニペットを表示させているクエリを自動で抜粋できます。

STEP2.強調スニペットの内容と位置を確認する

該当記事の特定を行った後は、強調スニペットの内容と位置(どのhタグ部分)が抜粋されているのかを確認します。

「入学式 必要なもの」という検索クエリで実際の流れを確認していきましょう。

まずは検索クエリを打ち込み、内容とどの種類の強調スニペットが表示されているか確認します。

今回で言うと、リストタイプで入学式の当日に必要なものが表示されています。

強調スニペットの内容と位置を確認

実際に記事に飛んでみて、どの見出しの部分が抜粋されているかを確認します。

下記の部分が抜粋されていることがわかります。

抜粋部分

<H2>入学式当日の持ち物は?
 <H3>親
 <H3>子ども

上記の情報からいくつか仮説や対策を立てます。

  • 強調スニペットとして表示されるのはおそらく「入学式当日の持ち物」だろう
  • また「子供の持ち物」<「大人の持ち物」にニーズがよっているのではないか
    →実際にGAで検索ユーザーの年齢を確認してみよう
    →もし大人の方が多いのであれば今回のようにh2配下にh3見出し「親の持ち物」を追加してあげた方がgoogle側に認識してもらいやすいのではないか
  • 強調スニペットはリスト形式での表示のためテキストでは表示されにくいのではないか
    →リスト形式で記入しよう

上記のような様々な仮説を立てて対策できます。

STEP3.自社記事にも同様に盛り込む

仮説をもとに、適切な構文・文字数・コンテンツ内容の加筆や修正を行います。

120〜150字程度のコンテンツ加筆になるので、比較的短時間で実装できるのも強調スニペットを逆手にとったリライトの醍醐味です。

いわゆる主要タグと言われるTDHリライトに並ぶ、コスパ最強のリライトのためぜひお試しいただければと思います。

強調スニペットに表示されるデメリット・注意点

表示させることに成功した場合に大きな利があるのが強調スニペットですが、注意点もあります。

それぞれ詳しく解説します。

注意点①ゼロクリック検索が増える可能性がある

ゼロクリック検索が増える可能性があります。

ゼロクリックとは「検索ユーザーが、検索結果上にあるページにランディングせずに離脱すること」です。

とくに強調スニペットが出現された場合、このゼロクリックは起きやすく注意が必要です。

検索ユーザーからするとより少ないステップで情報が入手できるのですが、メディア運営者からすると結構マイナス要素が大きかいのです。

この場合には、常にページへのランディング数などをウォッチしておく必要があり、場合によってはnosnippetタグを付与するなどして、強調スニペットの非表示も検討しなければなりません。

注意点②誤情報によるレピュテーションリスクがある

強調スニペットは、検索結果上で大きく目立ち、ユーザーが最も見る可能性が高い場所です。

強調スニペットと表示される情報には細心の注意を払い、レピュテーションリスク(企業評価の低下)には十分に気をつけましょう。

特に年ごとで情報がアップデートされる検索クエリで、強調スニペットが表示されている場合などは、定期的に記事のメンテナンスを行うなどして対策する必要があります。

まとめ:強調スニペットのメリットと表示するためのポイント

強調スニペットのメリットは以下の3点です。

  • メリット①検索結果画面上での占有率が上がり流入数が増える
  • メリット②ユーザーが得たい情報をいち早く入手できる
  • メリット③音声検索の回答結果としても利用される

強調スニペットに表示させるためのポイントは下記8つです。

強調スニペットは表示させるのに一定操作しづらい部分もあり、難易度も高めです。

しかし、ある程度の基礎知識を脳内にインプットしていれば、一定ラインの表示確率を担保できるのでは?と考えています。

  1. ahrefsを用いて強調スニペットが出ている検索クエリを特定する
  2. 強調スニペットの内容と位置を確認する
  3. 自社記事にも同様に盛り込む

ぜひこの記事で紹介した内容をもとに強調スニペット対策を行っていただければと思います。

 

ebook

【無料お役立ち資料】
SEO対策の教科書の動画投影スライド

SEO対策の教科書 YouTube動画の投影スライド お役立ち資料アイキャッチ
  • スライド154枚
  • 1.5時間の無料動画

\SEO担当者のあなたへ/

無料のSEOメールマガジン

週に2回SEOのお役立ち情報をお届けする購読者数2,400人超えの人気メルマガです

  • SEO最新情報をキャッチアップできる
  • SEO成功事例や限定Tipsが届く
  • 限定ウェビナーの情報がいち早く届く

SEO初心者・企業のSEO担当者の方まで役立つ内容のためぜひご登録ください!

* は入力必須項目です。

この記事の執筆者

LANYブログ編集部のアバター

LANYブログは「SEOを中心とするデジタルマーケティングの情報を発信するブログ」です。一次情報に溢れた独自性のあるコンテンツと読者の方が何かしらのアクションが起こせる情報を執筆しています。

この記事を監修した人

LANYブログ編集部のアバター
竹内渓太 SEOコンサルタント

株式会社LANYの代表。株式会社リクルートホールディングスにデジタルマーケティング職で新卒入社。3年間デジタルマーケティングに従事。その後、株式会社LANYを創業。大規模サイトのSEOが得意。

目次