SEOに強い記事構成を作る7つのポイント!必要な情報や具体的な作り方も紹介

SEOライティングをする上で、記事構成の作成は欠かせません。

記事構成によってSEOの成果が出るか出ないかが大きく変わるため、作り方にはこだわる必要があります。

本記事では、株式会社LANYが数百社のお客様にSEO記事を納品してきた経験から、SEOに強い記事構成の作り方をご紹介します。

適切な記事構成を作成し、コンテンツSEOの成果を上げていきましょう。

Contact

お問い合わせ

LANYではSEOコンサルティングを中心に、記事制作やリスティング広告運用等を行っています。
ご質問・ご相談など、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • SEOコンサルティング
  • SEOサイト診断
  • コンテンツマーケティング支援
  • リスティング広告運用代行

Career

採用情報

LANYではさらなる事業拡大に向けて様々な職種を募集しています。
カジュアル面談も実施していますので、お気軽にお問い合わせください!

  • SEOコンサルタント
  • 長期インターン
  • 記事ディレクター
  • ライター
目次

記事構成とはなにか

記事構成は文章の骨組みとなる設計図のことです。

記事構成を作成してから記事を書くことで、記事を書く目的や目指したいゴールからずれにくくなります。

特に、ライターとディレクター(編集者)などの複数人が関わって記事を作成する場合には、各人の間で認識の相違がないようにするためにも記事構成は非常に重要です。

記事構成があることで、下記のようなメリットがあります。

  • 記事を書いた後に、見直しがしやすくなる(目的は達成されているか、テーマからずれていないか、など)
  • 複数人で記事執筆する際に認識の齟齬が起きづらくなる

いきなりライティングをしてしまっても問題ないこともありますが、より良い記事を作るためには構成が欠かせません。

記事構成の時点で、方向性や内容のすり合わせを実施し、ライティング後にはその設計図に従って適切に記載できているかを確認するようにしましょう。

記事構成に必要な情報

記事を書く際に事前に考えておくべき情報は、次のようなものです。

  • 記事テーマ:何についての記事か、記事の結論はなにか
  • 想定読者:誰に向けた記事なのか
  • 読者の検索意図:記事で解決したい課題や悩みはなにか
  • 記事のゴール:読了後にあるべき読者の状態はどうか

上記の内容をもとに、適切な見出し構成や見出し内で書くべき内容の指示が記されているのが記事構成になります。

記事構成なくして記事を書き始めてしまうと、想定読者がブレてしまい、読者のニーズに刺さらない記事になることも。

また、記事のゴールが曖昧になっていると、SEO流入は稼げたものの、本来の目的(コンバージョン)が達成されない事象も多くあります。

LANYでは、コンテンツSEOは「読者の解決したい課題や悩みを記事コンテンツというHowで解決するマーケティング手法」と捉えているため、記事を書く前の調査と記事構成(設計図)が極めて重要だと考えています。

適切な記事構成が作れるようになれば、あとは文章を書いていくだけです。

本章にて、記事構成に書くべき内容の一つ一つを具体的にご説明しますので、要点を抑えていってください。

記事テーマ

コンテンツSEOは「読者の解決したい課題や悩みを記事コンテンツというHowで解決するマーケティング手法」と述べました。

ビジネスとしてコンテンツSEOを実施する場合には、読者の課題や悩みを解決する行為は「ボランティア」ではなく「目的」があるはずです。

会社によって目的はさまざまですが、例としては下記のようなものがあります。

  • 解決策として自社の商品やサービスを提案して購買や登録をしてもらう
  • 他社のサービスを紹介してアフィリエイト収入を得る
  • その分野での専門家だと認知してもらう

その目的達成に近い記事を作るためには、テーマとして何がいいかを考えるのが、SEOライティングのファーストステップです。

記事テーマを考える際の具体的なやり方として次の2点があります。

  1. 競合他社の記事を調査する
  2. ターゲットのカスタマージャーニーを考える

詳細な説明は割愛しますが、競合サイトをマネしたり、もしくはマーケティング的にターゲット顧客の行動を想像しながら記事テーマを出していきましょう。

想定読者

記事のテーマが決まれば、誰向けの記事なのかを設定します。

SEOライティングの際に、ペルソナとターゲットの考え方が出てきますのでまずはその違いについてご説明します。

ペルソナ詳細な職業や年齢、趣味嗜好などを設定した、架空の人物像
ターゲット年齢や性別、居住エリアなどの属性でセグメントしたグループ

ペルソナが架空の人物像まで解像度をあげているのに対し、ターゲットはある程度のまとまりのあるグループです。

「20代後半の社会人女性」はターゲットで、「山田花子、28歳女性、東京都新宿区在住、日系メーカーの事務職、年収は450万円程度」はペルソナです。要するに、ターゲットの中の特定の一人がペルソナになります。

記事構成における想定読者としてペルソナを設定すべきか、ターゲットを設定すべきかの議論はあるかと思います。

ですが、想定読者を定める目的が「ニーズに刺さる記事を書くため」なので、それが達成できるならどちらでも問題ありません。

自身のやりやすい方法で、どのような人に向けて記事を書くのかを設定しましょう。

読者の検索意図

SEOでは「読者の検索意図を満たしてあげることが大切」とよく言われますが、そのためには「検索意図がなにか」を解像度高く把握しなければいけません。

SEOライティングでは、基本的には「対策キーワード(流入を獲得したいキーワード)」を定めた上で、そのキーワードの検索順位を上げるために必要な要素を考えて、構成案に落とし込みます。

ここで言う「検索順位を上げるために必要な要素」が、「読者の検索意図を満たすことのできる情報」です。

対策キーワードを検索する人が「何を解決したくて検索しているのか」を徹底的に考えることで、SEOに強い記事を作ることができるようになります。

検索意図を考える方法としては、SEOツールを用いて対策キーワードに関連するキーワードを見て考えていくパターンや、想像力を働かせて検索意図を深掘りしていくパターンなどがあります。

LANYとしては、定量・定性の両面から検索意図を推定すべきと考えているため、SEOツールで関連キーワードを洗い出しつつ、それらのキーワードから考えられる検索意図は何かを深掘りしています。

推定した検索意図を記事構成に記載しておき、記事を書き終えた後に検索意図が満たされているかどうかを振り返るようにしましょう。

記事のゴール

ゴール設定のない記事は、ただのボランティアになってしまいます。

SEOライティングでは、SEO流入を獲得することが目的に思われがちですが、本来は記事を読んでくれた読者に何かしらのアクションを起こしてもらうことが目的なはずです。

たとえば、自社の商品を購入してもらったり、サービスに登録してもらったり、B2B系の企業であれば資料をダウンロードしてもらってリードを獲得するなど。

ゴールがブレないようにするためには、記事を通して読者に起こさせたいネクストアクションが何かを構成案に明確に記載しておきましょう。

もちろんキーワードの種類やメディアの戦略的に、前述したようなコンバージョンを目的に置いていないケースもあるかとは思います。

その場合には「記事を読んだ後の読者の状態」というゴールでも良いので、記事を読む前と読んだ後では読者がどのような態度変容をしていると良いのかを事前に考えて記載してください。

記事のゴールを明確に定めていれば、「SEO流入は稼げるのにコンバージョンが稼げない」「読まれているけどビジネス的にインパクトがあるのか不明」といった悩みからは解放される可能性が高いでしょう。

記事構成を作る上で大事にしたい7つのポイント

記事構成を作成する際に大切にしたい点を7つご紹介します。

  1. 記事の目的を明確にする
  2. 対策キーワードとその関連キーワードを調査する
  3. 検索意図を深掘りする
  4. 競合サイトの良い点を見つける
  5. 適切な見出し構成を作る
  6. 見出しごとの結論や記載する内容の概要を記載する
  7. 記事を書く際の留意点を明記しておく

それぞれご説明します。

1. 記事の目的を明確にする

何事もそうですが、目的を見失うと良い成果は出せません。

記事を書く前にも「目的を明確にする」ことを忘れないようにしましょう。

記事の目的には次のようなものがあるかと思います。

  • SEO経由でユーザーを獲得し、自社商品の購入をしてもらうこと
  • SEO経由でユーザーを獲得し、自社サービスを認知してもらうこと

もっと多種多様な目的はあるかと思いますが、何にせよ記事構成に明記しておいて、ライティングをする際に目的から逸れないように意識することが大切です。

目的から逸れていってしまう際にありがちなのが「読者目線」を忘れてしまうこと。

マーケティングにおいて「消費者目線」が大切にされるのと同時に、記事を書く上では「読者目線」を忘れないようにしましょう。

ペルソナを設定しているのであればペルソナの心理状態になりきって書くべきですし、その心理状態の中で、「目的を達成するためにはどのような記事にすべきか」をきちんと定めた上でライティングに入っていきましょう。

2. 対策キーワードとその関連キーワードを調査する

記事を書く前に「どのキーワードで集客したいのか」の対策キーワードを定めましょう。

もちろん記事に流入してくるキーワードは1つだけではないので、1つの記事で複数のキーワードを対策できます。

ただ記事を書くうえで、「もっとも満たしたい検索意図」を明確にするためにも「メインの対策キーワード」を定めるようにしてください。

メインの対策キーワードを定めたら、そのキーワードに関連するキーワードを調査し、より詳細な検索意図の深掘りをしていくことをおすすめします。

無料ツールのラッコキーワードなどを用いれば、下記のようにメインの対策キーワードに関連するキーワードをGoogleサジェストや共起語などを元に洗い出してくれます。

関連キーワードを記事内に含めるのはもちろん、なぜそれらの関連キーワードがあるのか(どのような検索意図があるのか)を類推して、ライティングをする際に活かせるとより良いですね。

3. 検索意図を深掘りする

メインの対策キーワードを定め、関連するキーワードも洗い出すことができたら、対策キーワードを検索するユーザーの検索意図を深掘りしましょう。

LANYでは、高品質な記事を「検索で流入するすべてのユーザーの検索意図を完璧に満たしてあげる記事」と考えています。

ユーザーがGoogleなどに検索キーワードを入力するのは、何かしら解決したい疑問があるか、満たしたい欲求があるためです。

その疑問や欲求をどれだけ解像度高く、なんなら検索者以上に汲み取れるかどうかによって、読者の検索意図を満たせるかどうかに関わります。

検索意図を満たしてあげることで、下記のようなメリットもあります。

  • ユーザー行動が改善する
  • 検索順位に好影響を与える
  • CVRが上がる

具体的にどのように検索意図を深掘りしていくのかは、次の記事にて詳細にまとめていますので、興味のある方はぜひ目を通してみてください。

4. 競合サイトの良い点を見つける

記事を書く前に、対策キーワードで上位表示されている競合サイトを丁寧に分析することも重要です。

SEOは結果指標であり、上位表示されているサイトが「正解」と捉えてしまっても間違いありません。

もちろん、被リンク数が多くドメインが強いから上がっているだけの場合や、YMYL領域ではコンテンツの質よりも「どのドメインで運営されているか」が重要な場合もあるため、見る際には注意が必要です。

ただ、ドメインや運営元などの要素も含めて「上位表示されているサイトが正解」であると考えても良いでしょう。

LANYでは、上位表示されている記事を分析する際には次のような観点でチェックしています。

  • ドメイン力(DRなど)
  • 運営元/運営者
  • 文字数
  • 独自コンテンツの量
  • 最終更新日
  • 更新頻度(何となく推測する)
  • ページへの被リンク
  • 執筆者/監修者
  • Abobe the fold(ファーストビュー)の要素

言語化できない部分ももちろんありますが、上位表示されているサイトを適切な観点でチェックして、優れた要素を抽出したり、何が評価されるキーワードなのかを考えます。

最初はなかなか「どの観点を見るか」が難しく、時間がかかってしまうことも多いかと思います。

記事構成を作る上での修行だと思って丁寧に何度も繰り返し実施していけば、だんだんと新規記事を書く際の精度も高くなっていくでしょう。

5. 適切な見出し構成を作る

記事の目的、対策キーワード、関連キーワード、読者の検索意図、競合サイトの優れた要件がわかれば、それを含んだ記事にするための見出し構成(枠組み)を考えましょう。

見出し構成を作る際には、次のような観点を意識します。

  • 重要度の高いキーワードを含める
  • 検索意図に沿った順番(もしくは重要度の高い順番)で見出しを並べる
  • 適切な階層構造( H2 > H3 > H4)で組み立てる

関連キーワードで出てきた「サジェストキーワード」をH2見出しレベルに含めるようにしたり、それらの関連キーワードの検索ボリュームを調査して、検索ボリュームが大きい順に不自然のない形で並べたりするのがおすすめです。

6. 見出しごとの結論や記載する内容の概要を記載する

見出し構成まで作成できたら、それを記載していく際に意識すべき点や結論、内容のサマリを記しておくと良いです。

LANYでは、見出しごとの目安となる文字数や含めて欲しいキーワードも記載しています。

記事の目的と検索意図、見出しさえあれば大幅に内容がずれることはないかと思います。さらに丁寧にやる場合には見出しごとにある程度どんな内容を記載して欲しいのかを記しておくと良いでしょう。

ここまでくると「ライティングをしてしまった方が早いのでは?」と思うかもしれませんが、記事構成を作る作業も自身のSEOライティング能力を高める上で大きく寄与します。

初心者のうちは少し面倒かもしれませんが、記事構成をルールに沿って作成していくことを推奨します。

見出しごとの内容を構成に書くときに重要なのは「誰が見ても同じ内容が書ける」ようになっていることです。

特に自分以外の誰かに記事作成をお願いするときに気をつけてください。

たとえば「りんごの特徴は?」という見出しを作りたい場合に、その指示を「特徴を調べて書く」と書くとあいまいで伝わりにくくなります。

指示があいまいだと、本当は「りんごの特徴は赤い」という内容にしたいのに、「りんごの特徴は丸い」とライターが書いてしまう可能性があります。

指示内容を書くときに「りんごは赤いこと、なぜ赤いかを説明する」という形にしておけば、誰が書いても「りんごは赤い」ことを説明してくれます。

7. 記事を書く際の留意点を明記しておく

見出し構成だけでは伝えられない留意点も記事構成には記しておきましょう。

記事内で訴求して欲しいサービスやその優先度であったり、記事全体を通してのスタンスなどが留意点にあたります。

記事構成もライティングも一人で担当する場合には不要かもしれませんが、両者が別々の担当者で進める場合には留意点が非常に重要になります。

まとめ

SEOに強い記事構成を作る上で大切にすべき点やポイントをご紹介しました。

コンテンツSEOを進める上では、記事構成はライティング以上に成果に与える影響度は大きいと考えています。

いきなりライティングをするのも、もちろん悪くはないですが、SEOに強い記事が作りたい場合にはぜひ今回紹介したような方法を用いながら記事構成を作成してみてください。

また、記事構成には正解はありません。ご自身で記事執筆を進めていく上でPDCAを回して少しずつ良くしていくべきです。

ぜひ今回の方法を参考にしつつ、少しずつ自身の状況に合わせてチューニングしてみてください。

Career

採用情報

LANYでは、さらなる事業拡大に向けて様々な職種を募集しています。
カジュアル面談や長期インターン説明会も実施していますので、お気軽にお問い合わせください!

  • SEOコンサルタント (業務委託・副業可)
  • 長期インターン (学生)
  • 記事ディレクター (業務委託・副業可)
  • ライター (業務委託・副業可)

この記事を書いた人

Asaiのアバター

コンテンツマーケティング担当。SEOおたくと共にLANYを立ち上げ、初期より活躍。丁寧な仕事でクライアント満足度も高い。

カテゴリから記事を探す

Advent Calendar 2021 SEO コラム
目次
閉じる